ニトリのプラケースで収納!衣がえにも使えるキャスターも

ニトリの定番商品として一年中売れているのが「プラケース」です。衣がえの時にお世話になる収納は、押入に入れておくものだけではありません。

キャスターつきだったり、サイズが選べたり、デザイン性がよかったり、隙間にぴったりおさまるサイズだったり……。

主力製品だからこそ、力を入れている収納。押入だけでなく家具としてリビング収納にしてもいい商品がありました。

ニトリ プラケースの種類は?基本を知ろう

ニトリのプラケース、実はタイプもいろいろ。種類もこんなにたくさんあります。そして、ニトリの「プラケース収納一覧」の特集ページも。

画像引用元:https://www.nitori-net.jp/

自分の希望に合わせて好みのタイプを選ぶことができます。

画像引用元:https://www.nitori-net.jp/

種類は

・箱型引出しタイプ
・多段チェストタイプ
・スタックバスケットタイプ
・フタ付き収納ケースタイプ

一般的に押入収納だと箱型引出しタイプでしょうか。フタ付き収納も人気です。また、家具みたいに置けるのが多段チェストタイプ、そして、積み重ねても蓋の開閉がスムーズなスタックバスケットタイプもあります。

画像引用元:https://www.nitori-net.jp/

例えば、箱型引出しタイプでも、「奥行約55センチ」と「奥行約74センチ」の2つがあり、幅も選べます。

既に購入して使っている収納道具があれば、それにサイズを合わせることもできます。高さも選べるので、「あと〇センチのところに収納したい」と思っても大丈夫。奥行約55センチだと、高さ20センチ、25センチ、30センチから選べ、925円+税からの価格です。

次は、ニトリのプラケースのキャスターつきについて♪

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す